社会保険完備がいい

アイリストは美容師免許があれば、誰でも目指す事ができますが、接客や施術をするにはアイリストの資格が必要です。

アイリストの資格自体は国家資格ではなく、各アイリスト協会が主催する技能検定試験を受けます。

3級から1級まで試験にも種類はありますが、1級の資格を持っていればどこのサロンや美容院でも引く手あまたとなるでしょう。

美容師のように働くなら正社員として働きたいと思う人もいるはずです。

アイリストの求人も増える傾向にあるので、仕事探しは比較的スムーズです。

美容師専門の就職・転職支援サイトにも、アイリストの求人はありますので、勤務地や交通アクセスなど、待遇を比較して探す事も可能です。

まつ毛に関する施術を専門にしているサロンへの就職や転職もできますし、美容師がアイリストへ転向するというケースも増えています。

アイリストになるには美容師免許が必須ですが、美容師としての接客経験などはアイリストになっても役立つはずです。

ただし美容師としての経験があっても、アイリストはまったく別の分野になりますので、専門的な知識や技術を学ぶためにスクールに通い、アイリストの資格を取得するというのが一般的です。

雇用形態もいろいろありますが、アイリストの正社員雇用という求人も探しやすいと思います。

スクールに通っていると、スクールと提携しているサロンや美容院への紹介などもあるので、スクールのサポートで正社員としての求人を探すのも良い方法です。

◎参考リンク…(URL:http://cutestfluffies.com/